新規物件の経過報告


みなさんこんにちわ。

本日5月16日は、快晴でレジャーを楽しんでいる方も

多いのかなと思います。

ちなみに私事ですが、本日37歳の誕生日を迎えました。

 

今回は、先日着工した物件の経過報告です。

既存のコンクリート製土留めブロックの解体が完了し、

新しい基礎の掘削工事を行っているところです。

image1

 

ところで既存のコンクリート製土留めブロックの解体

を終えてビックリしたことがありました。

下の写真を見て下さい。

image2

道南地区は、冬場60cm程度は地面が凍結すると言われており

基礎工事を行う際は、地盤面から60cm以上深くして設置する

ことが、業界内では当たり前のことになっております。

なぜ凍結する深さより深くしなければならないかと言うと、地面

が凍結すると体積が膨張し隆起します。

そうすると、工作物に悪影響を及ぼすからです。

地盤が隆起する力は、家くらいの重さでもかるく持ち上げてしまう

程です。

前者が行った工事は、深さも全く無く、土の側圧にも耐えれるような

構造にはなっていませんでした。

いままで何もなかったことが不思議なくらいです。

みなさんも今後ご自宅や友人・ご家族がこのような工事を行う方がいら

っしゃるのであれば、助言をしてあげて下さい。

極端に安い金額、安さを売りにしている業者さんに施工されると、この

ようなことが発生するかもしれません。

 

現在も工事は進行していますので、色々な知識を織り交ぜながら、ブログ

を更新していきます。