屋根からの落雪による損壊事故対策!!


みなさんこんにちは。

北海道 函館市でエクステリアの設計・施工をおこなっている

株式会社マナーズの佐々木です。

最近は、寒暖の差が激しくインフルエンザも大流行していますね。

私のまわりでも、今までにないくらいの人がインフルエンザにかかっていますね。

そんな中でも、私は風邪もひかずに元気に頑張っています。

みなさんも体調は崩していませんか。

当たり前の事ですが、外から帰宅したときは、手洗い・うがいをしっかり行い

健康管理を行うのが一番ですね。

 

そんな寒暖の差が激しくなる時期に弊社に問い合わせが来るのが、

自宅又は、隣宅のフェンスの破損事故の修繕の案件ですね。

フェンスの破損の原因は、

・屋根からの落雪によるフェンスの破損

・除雪した雪をフェンスに被るように堆積したことによる破損

です。

 

上記の原因は、敷地に対する建物の配置の特性上、何も対策を

講じなければ確実に発生する案件です。

 

下記の写真をご覧ください。

TC4200_1444

TC4200_1228

va-5n

上の写真が、安価でよく使用される

メッシュフェンスです。

中の写真が、割と高額がアルミ製のフェンスです。

下が、公園やグランドやテニスコートなどでよくみる

ネットフェンスです。

概ね住宅等によく使用される鋼製フェンスの3種類です。

この3種類のフェンスは、柱等が落雪及び除雪した雪の堆積

に耐えれるような構造になっていないため、破損しやすい

フェンスです。

また下記の写真をご覧ください。

products_38_ページ_1

これは、落雪対策に発売されている鋼製フェンスです。

見るからに丈夫な柱等や基礎で構成されているフェンスですね。

しかしながら、だいぶ高額なフェンスになります。

前者と後者を比べてもわかるように、

落雪等に耐え得るフェンスというのは、頑丈に出来ており

高額なものです。

安価なもので、落雪等の対策を施せるようなフェンスはありません。

そのため、ご自宅を新築する際は、お隣への落雪を防止する事ができる

屋根の構造にするか、離隔距離をとるかが大切になりますし

ご自宅の屋根の真下には、フェンスを設けないことが得策と思います。

もうご自宅があり隣宅のフェンスを破損させる危険があるお宅は、

・屋根に雪止め金具を設置する。

・屋根板金を落雪しない工法に葺き替える。

※上記の場合、屋根を支えている家の構造が雪の重みに耐えれる

構造になっているかの検討も必要です。

・落雪に耐えることが可能な鋼製フェンス又は、コンクリート製の塀を設ける。

というようなことが必要になるかと思います。

このブログ内のようなことでお困りな方は、

是非、マナーズまでお気軽にご相談下さい。